SDGsへの取り組み

tototoが目指す持続可能なものづくり

ブランド名には、魚を指す “魚々”(とと)という言葉に1文字 “と”を加えて、 “魚々と” 私たちが共存する、より豊かな未来を創っていくという思いを込めて名付けられ、「生命の恵みを無駄にしない持続可能なものづくり」を大切にしています。

私たちは以下のような現状を、フィッシュレザーを通して変えていきたいと考えています。

Problem 1
革製品を作る為だけに、動物が殺される

普段あまり意識しないかもしれませんが高級レザーのワニ革や、服などに用いられるファー(毛皮)のほとんどは、皮を材料として使う為だけに動物を飼育し作り出されている現状があります。
近年はこういった現状に反対する声も高まってきており、ファッション業界では動物愛護や環境保護などの観点から、爬虫類革や毛皮の廃止を宣言するブランドが増えています。

Problem 2
革の加工に「化学薬品クロム」を使用する

動物の「皮」を、丈夫でしなやかな「革」へと変化させるには「なめし」と呼ばれる作業を行います。この作業は主に「タンニンなめし」か「クロムなめし」という二通りの方法で行われています。
「タンニンなめし」は、お茶などに含まれる渋味成分のタンニンを使って皮を丈夫にします。植物由来の成分を使用する為、環境に優しい加工法です。「クロムなめし」は化学薬品のクロムという成分を使う加工法です。安価で手軽な事から現在流通する80%の革製品はクロムなめしと言われています。

Problem 3
魚の皮が大量に捨てられている

私たちが普段食べているお魚ですが、多くの場合、頭や骨そして皮も廃棄されている現状があります。
いわゆる魚の「アラ」の部分は、一部が魚粉として加工され、畑の肥料や動物の飼料として使われていますが、ほとんどが再利用されることなく処分されています。

漁業系廃棄物処理の現状と課題 農林中金総合研究所データより作成
https://www.nochuri.co.jp/report/pdf/n0411re4.pdf

知らないうちに
環境破壊が進んでいる。

これまでの多くの革製品は、私たちにとってより安くより良くを追求した結果、環境に対して負荷の大きいもの生み出してきました。もちろんより良い品を安く提供することは間違っていないと思います。しかし様々な物に溢れている今、これまでと同じものづくりを続けるべきではないと考えています。